ABCデンタルクリニックトップページ>診療内容>インプラント>骨量が不足している場合の治療法

インプラント | インプラント 審美歯科は東京都 杉並区 ABCデンタルクリニック

骨量が不足している場合の治療法

GBR(骨再生誘導法)
インプラント治療を行うには顎の部分に十分な高さと幅の骨が必要ですが、何らかの原因で骨が足らない場合、GRB法を採用して骨の増大を図ります。 歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を詰め、その上にメンブレンという人工膜で覆い、欠損した骨組織の再生を促します。 通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作るか、または、インプラント手術の際に同時に行われます。4〜6ヵ月ほどで歯槽骨が再生されます。 
エムドゲイン
歯を支える歯周組織が歯周病等により炎症を起こし、それが進行すると歯を支える骨が吸収されます。このような歯槽骨が溶けた状態では、インプラントの土台として十分でない場合があります。
エムドゲイン法は、歯槽骨の欠損部分に、エムドゲインゲル(歯周組織再生誘導材料)を挿入し、歯肉の侵入を防ぐと同時に歯周組織の回復を促す方法です。
エムドゲインゲルの主成分は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするエナメルマトリックスデリバティブというタンパク質の一種で、歯の発生過程に似た状況を作り出す働きがあります。 エムドゲインゲルは時間の経過とともに歯周組織の再生を促しながら吸収していきますので、挿入のための一度だけの外科処置で済みます。
サイナスリフト
上顎の歯のすぐ上には上顎洞と呼ばれる空洞があり、その上顎洞までの骨が薄く、上顎にインプラントを埋入できない場合があります。そのような顎の骨の不足を人工的に補う方法がサイナスリフトです。 サイナスリフト法は、上顎と上顎洞との距離が狭く、骨の高さが4mm以下の場合に行います。上顎の臼歯部の歯肉、骨を切開して上顎骨と上顎洞の間にある膜を持ち上げ、できたスペースに、自家骨や骨補填材を充填して骨の高さを増大します。 治療期間は約6ヵ月ほどかかりますが、確実に骨を増やし、より安全に定着するインプラントを植立することができます。
PRP
PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)とは、血液中の血小板を濃縮した血漿のことで、歯肉の治療や骨の増殖を促進する物質であることが知られています。 PRP療法は、このPRPの性質を利用し、傷口の治癒を早め、骨の再生などを飛躍的に高める方法です。患者さま本人から採取した血液よりPRPを精製し、インプラントの手術部位に骨補填材と一緒に充填することにより、早期の回復や治療後の不快感や痛みを最小限におさえることができます。

インプラントについて

MyPageログイン | インプラント 審美歯科は東京都 杉並区 ABCデンタルクリニック

MyPageをお持ちの方はこちらから

Web無料相談

インターネットで無料相談

Web無料相談 | インプラント 審美歯科は東京都 杉並区 ABCデンタルクリニック

歯科治療に関する不安やお悩みなど、専門ドクターがお答えします。
お気軽にご相談ください。

来院予約

インターネットで来院予約

来院予約 | インプラント 審美歯科は東京都 杉並区 ABCデンタルクリニック

直接お会いしてのカウンセリングご予約はインターネットからできます。
ご予約をお待ちしております。

お問い合わせ | インプラント 審美歯科は東京都 杉並区 ABCデンタルクリニック

所在地
〒167-0043
東京都杉並区上荻2-18-10
カテリーナ荻窪1F
0120-418-987 | インプラント 審美歯科は東京都 杉並区 ABCデンタルクリニック
診療時間
AM10:00〜PM1:00
PM2:30〜PM8:00

フリーダイヤル/0120-926-913

  • 完全予約制・年中無休(土日祝も診療)
  • 診療時間/10:00〜19:00
  • 電話受付/9:30〜19:30

| インプラント 審美歯科 | インプラント 審美歯科の診療内容 | インプラント 審美歯科の施術費用 | インプラント 審美歯科のQ&A |